発達的な課題、心理的な問題、対人関係、学習面など、さまざまな困難を抱えるこどもやその保護者の方々を支援しています。

安原こどもクリニック

香里園の街並みイラスト

プログラム

そよそよ・きらきらのプログラムは、心理学や支援教育(特別支援教育)の考え方に基づき、
それぞれのこどもが自分に合った課題に取り組めるように設定します。

このため、プログラムはクラス制・個別担当制で行います。
自由活動や外出のプログラムは行いません。ご了承ください。

集団生活の支援(ソーシャル・スキル・トレーニング)
(大和田の「きらきら」にて行います。)

親子ソーシャルスキルトレーニング友達とうまく遊べない、ケンカばかりしてしまうなど、友達づきあいの苦手なこどもたちが対人関係を築き、維持する力をつけていくトレーニングです。

学習の支援
(香里園の「そよそよ」にて行います。)

スタディールーム学習において様々な悩みをもつこどもに勉強することの楽しさを知ってもらえるように、ひとりひとりに合った「学習のかたち」を提案します。

心理面の支援(心理療法/プレイセラピー)
(必要に応じて、「そよそよ」「きらきら」のいずれかにて行います。)

心理療法お子さんが抱える悩みや目に見えないこころの問題を扱いながら、よりよく生きていくためのプロセスを援助します。